ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

所蔵資料・図書

写真映像資料

「神奈川大学デジタルアーカイブ」にて、順次データを公開しています。

写真資料

アチック写真


奄美大島大和村の群倉[目録番号]写3-22-2

 8000点を超える昭和初期に日本・朝鮮・台湾等で撮影された写真が所蔵されています。アチック・ミューゼアムを主宰した渋沢敬三は、ふつうの人々の生活を歴史学や民俗学をはじめ、さまざまな学問的な視点から明らかにするため、数多くの総合調査を行った際に、資料の蒐集方法の一つとして写真による記録を行ないました。アルバムに綴じられたものが122冊約4000点、バラ写真が約3500点あり、併せて8000点以上になります。三河や瀬戸内海など国内各地のほか、朝鮮や台湾などもみられ当時のアチック・ミューゼアムの幅広い活動をうかがい 知ることができます。

空中写真

 1990年代の奥能登、瀬戸内海地域など研究所が共同調査を実施した地域を中心とした空中写真を所蔵しています。香月洋一郎氏(元所員 民俗学)が撮影・監修した写真です。

神大常民研調査写真

 共同調査や委託事業の際に撮影された写真です。

横浜写真


横浜写真(VIEW OF YOKOHAMA.)

 幕末から明治の横浜の風景、風俗を撮影したステレオ写真と白黒写真に彩色を施した写真です。非文字資料研究センターや図書館にも同種の写真が所蔵されています。

民族学振興会旧蔵写真

 財団法人民族学振興会は1934年(昭和9年)に日本民族学会として発足しました。初代理事長には白鳥庫吉、理事に当研究所設立者の渋沢敬三が名を連ねていました。以来、1999年の解散に至るまでの、65年に及ぶ活動の中で収集・保管した写真です。調査写真や保谷の民族学博物館内を記録した写真などがあり、民族学振興会資料の一部となっています。

映像資料

「直江津片田家行事・白萩村アワラ田植」
「直江津片田家行事・白萩村アワラ田植」

 研究所の前身であるアチック・ミューゼアムは、漁村・農村調査を行なった際に16ミリ映写機で昭和初期の庶民の生活や景観を映像として記録しました。23作品あり、写真とともに貴重な資料となっています。また、渋沢敬三家の家族の記録映像や昭和初期の静岡県土肥の旧家の家族旅行や結婚記念などの映像もあります。アチック・ミューゼアムがおこなった記録映像は『神奈川大学デジタルアーカイブ』で公開が進んでおります。

ご利用について

一覧リストは順次更新しています。そのほかの資料については研究所へお問い合わせ下さい。

[お問合せ]
神奈川大学日本常民文化研究所 
TEL:045-481-5661(内線:4358)FAX:045-413-4151