トップページトピックスサイトマップサイトポリシー
神奈川大学日本常民文化研究所
Topics詳細
J-PUBS 日本常民文化研究所 刊行物総合検索
J-PUBS 日本常民文化研究所 刊行物総合検索
リンク集
国際常民文化研究所
非文字資料研究センター
神奈川大学21世紀COEプログラム
神奈川大学 TOP
歴史民族資料学研究科
文化の三角測量


Topics一覧へ戻る
「国際人類学フォーラム(FIA)東京大会」を2013年5月17日(金)・18日(土)に開催します。⇒終了しました。
2013/04/17
 
1. テーマ : 非覇権的人類学を求めて『文化の三角測量』(日仏同時通訳あり)

2. 開催日時 : 第1日目 5月17日(金) 10:00〜17:00
         第2日目 5月18日(土) 10:00〜17:00

3. 主  催 : 神奈川大学・公益財団法人日仏会館

4. 会  場 : 日仏会館ホール(東京都渋谷区恵比寿3-9-25)

・・・プログラム (*登壇者が変更になる場合もございます。)・・・・・

○第1日目 5月17日(金)
【午前の部(10:00〜13:00)】『言語・コミュニケーション』
座長:ミカエル・フェリエ
・三浦 信孝 「言語の三角測量: 中江兆民の『社会契約論』の漢文訳をめぐって」
・ポーリン・シェリエ 「日本語とポルトガル語とフランス語」 -語学と言語の三角測量-
・菅原 和孝 「身体化された経験としての言語交換の論 理と秩序」 - 狩猟採集民グイにおける日常会話の分析

【午後の部(14:00〜17:00)】『宗教・世界観』
座長:エレン・エルツ
・蔡華 「神 人 魔」
・ベルト・ムベネ=メイヤー 「ガボンの宗教文化の三角測量」
・佐野 賢治 「仏教受容の民族性と民俗性」
・ベルナール・リゴ 「ポリネシア人の世界観」

○第2日目 5月18日(土)
【午前の部(10 :00〜13:00)】『技術・医療』
座長:ベルナール・リゴ
・後藤 明 「オーストロネシア世界における海上運搬具の技術革新にみる技術性と傾向」 -フランス技術人類学の諸概念の適用可能性について-
・周 星 「東アジアの端午節」 -薬物を中心にして-
・白 莉莉 「生業形態の変化と信仰」 -モンゴル族のオボ−信仰を事例に-

【午後の部(14 :00〜17 :00)】『身体・演劇・舞踊』
座長 :レモン・メイヤー
・廣田 律子「身体コミュニケーションによる伝承」 -祭祀儀礼の場から-
・野村 雅一「自己演技と身体」 -認知症からの問いかけ-
・ミカエル・フェリエ 「レヴィ=ストロースと日本」 -見る、聞く、読む、恋愛の身体・断章-
・レモン・メイヤー 「仮面文化の三角測量」 (アフリカ、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)

※参加無料。参加ご希望の方は下記連絡先へメール、もしくは電話にて事前にお申し込みください。
事前にお申し込みされてない方でも、当日、直接会場にてお申し込み頂けます。

【連絡先】
  国際人類学フォーラム(FIA)東京大会事務局
  〒221-8686神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1 神奈川大学日本常民文化研究所内
  Tel: 045-481-5661(内線4000)
  Fax: 045-413-4151
  E-mail: jomin-fia2013office@kanagawa-u.ac.jp

・関連記事>>> 会場地図は日仏会館ホールHP施設案内頁をご参照ください
↑ページのTOPへ

トップページ
神奈川大学 HP
歴史民俗資料学研究科HP
21世紀COEプログラムHP
神奈川大学
日本常民文化研究所
〒221-8686
横浜市神奈川区六角橋3-27-1
TEL 045-481-5661(内線4358)
FAX 045-413-4151
Copyright RInstitute for the Study  of Japanese Folk Culture Kanagawa University