ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

講座と展示

第20回 常民文化研究講座・国際研究フォーラム「揺れる沖縄—戦争から占領、そしてシマクトゥバからオキナワン・ロックまで—」

 2016年12月10日(土)、日本常民文化研究所・国際常民文化研究機構の共同開催による「第20回常民文化研究講座・国際研究フォーラム」が行われます。沖縄戦から戦後占領時代の“揺れる沖縄”を人々がどのように生きてきたのか、生活、文化を通じて考えていきます。ぜひ、ご聴講ください。

[日時] 2016年12月10日(土) 10 : 30-17:30 
[会場] 神奈川大学横浜キャンパス 3号館405講堂
【参加無料】事前のお申込みが必要です。詳細は下記をご覧ください。

 「唐の世から大和の世 大和の世からアメリカ世 ひるまさ変わたるこの沖縄」。これは、沖縄の民謡歌手・嘉手苅林昌(故人)が作詞した「時代の流れ」の一部。島津侵略、明治日本による「琉球処分」、沖縄戦からアメリカ占領、そして1972年の日本への「復帰」と揺れ続けている琉球・沖縄の変化を、日常生活から巧みに歌い上げている。沖縄の人々は日々の喜びや悲しみなどを歌で表現してきた。歌や音楽そしてシマクトゥバ(母語)も、沖縄のアイデンティティーとも深く結びついている。このフォーラムでは、揺れる沖縄のなかの暮らしや人間に焦点を当て、沖縄戦から戦後占領の時代を人々がどのように生きてきたのか、シマクトゥバによる沖縄戦の証言、戦後占領下の人々の生活、アメリカンロックの受容などを通して考えたい。

[プログラム]
趣旨説明
 小熊 誠(日本常民文化研究所・国際常民文化研究機構)
パネル報告
報告1 比嘉 豊光(写真家)
  「島クトゥバで語る戦世」
    コメント:後田多 敦(日本常民文化研究所)
報告2 川平 成雄(琉球大学法文学部元教授)
  「占領直後の住民生活」
    コメント:安田 常雄(日本常民文化研究所)
報告3 ロバーソン・ジェームス(金沢星稜大学人文学部教授)
  「オキナワン・ロックをめぐる沖縄・アメリカ・日本」
    コメント:泉水 英計(日本常民文化研究所)
総合討論
 司会:小熊 誠、後田多 敦

■ お申し込み  
「12 月10日(土)常民文化研究講座 参加希望」を明記の上、① 氏名 ② 郵便番号 ③ 住所 ④ 連絡先電話番号を記載し、メール、FAX または葉書にて、12 月5 日(月)までにお申し込み下さい。当日参加も歓迎いたしますが、定員(200名)に達し次第締め切らせていただきます。

■ 宛先  
メール: jomin-kouza20@kanagawa-u.ac.jp  FAX:045-413-4151
〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
神奈川大学日本常民文化研究所 宛  

■ お問合わせ  
神奈川大学日本常民文化研究所 
TEL 045-481-5661(代) 内線4358
※お申し込みの際にいただいた個人情報は講座の実施・運営にのみ使用いたします。