神奈川大学日本常民文化研究所

民具マンスリー

目次一覧

近刊1年分の目次を掲載しています。全巻目次はリンクよりご覧ください。

民具マンスリー 55巻3号〈2022.6〉

石打ち習俗の終焉
 —久万高原町上直瀬周辺の聞き取りをもとに—(遠部慎)
【民具短信】
セキレイ(鶺鴒)の民俗とそれにまつわる物質文化(森俊)
近世末の流通経路がわかる膳箱
 —紀州黒江村から相州浦賀湊・厚木村を経て寺尾村へ—(小川久治)
アチック・ミューゼアムの民具コレクション(41)
 佐藤三次郎による収集民具(加藤幸治)

 

民具マンスリー 55巻2号〈2022.5〉

鬼門地蔵を考える
 —半田市亀崎地区の事例から—(近石 哲)
【民具短信】
奈良県大和郡山の金魚養殖道具(新海拓郎)
帝塚山大学附属博物館所蔵の女駕籠について(清水智子)
アチック・ミューゼアムの民具コレクション(40)
 樋畑雪湖の妻楊枝コレクション(七)(木村裕樹)

 

民具マンスリー 55巻1号〈2022.4〉

備前市吉永町田倉牛神社の信仰と
 備前焼の牛(平松典晃)
二つの中世陵王面
 —鎌倉鶴岡八幡宮と六浦瀬戸神社— 下
 (渡邊浩貴)

 

民具マンスリー 54巻12号〈2022.3〉

家庭への電灯の普及について(野々村明佳里)
【民具短信】
企画展「布 うつくしき日本の手仕事」を終えて(刈田 均)
特許から見る鳥取倉吉の「千歯」から「太一車」産業への変遷(北村隆雄)
第54巻総目次
日本常民文化研究所 2021年度活動報告より

 

民具マンスリー 54巻11号〈2022.2〉

玩具・ビデオゲームの展示
 —愛荘町立歴史文化博物館の夏季特別展から— (西連寺匠)
戦後沖縄の石敢當受容(蒋明超)
【書籍紹介】
加藤和徳著『農具「唐箕」の伝播—羽前上ノ山と旧中川村の事例—』
(佐々木長生)

 

民具マンスリー 54巻10号〈2022.1〉

昭和30年代 木を割る技術と民具
 —富山県南砺市刀利・立野脇を中心として(加藤享子)
アチック・ミューゼアムの民具コレクション
 連載再開にあたって(飯田卓)
アチック・ミューゼアムの民具コレクション(39)
 樋畑雪湖の妻楊枝コレクション(六)(木村裕樹)
【民具短信】
戦時下における泥棒除けの松川達磨(渡邉直登)
麦殿大明神は語る—疫病との共生—(八木つきの)

 

民具マンスリー 54巻9号〈2021.12〉

台湾の原住民族アミに受け継がれる神棚(岡田紅理子)
近代琵琶湖の竪筌 前編(渡部圭一)
【書籍紹介】
鷹取ゆう著『ただいま収蔵品整理中!—学芸員さんの細かすぎる日常』
(三村宜敬)

 

民具マンスリー 54巻8号〈2021.11〉

コロナ禍におけるアマビエの流行
 —続・しづかアマビエの展開—(市東真一)
楽器の演奏による野生動物の行動管理
 —奈良公園における鹿寄せを事例に—(下)(東城義則)

 

民具マンスリー 54巻7号〈2021.10〉

固定式刺し網漁の漁具誌
 ─福島県新地町の操業現場から─(川島秀一)
加古川の川舟三例
 ─新部の渡し「太閤丸」を中心に─ (山本原也)

 

民具マンスリー 54巻6号〈2021.9〉

町会の成員にとって神輿とは何か
 —東京圏の町神輿に注目して—(三隅貴史)
【民具短信】
新潟県胎内市中村浜の七夕飾り(三国信一)
赤飯贈答容器・エジュウとダイカイの
 神奈川県酒匂川東岸の分布について(保坂匠)

 

民具マンスリー 54巻5号〈2021.8〉

用材から考える籾摺臼の機能評価(桃井宏和・高橋敦・久保光徳)
竹のミキノクチ─神奈川・東京・埼玉─(山本亮子)
【書籍紹介】
『読む絵本 思い出のなかのおらーほー ─昭和前期の元狭山村のくらし─』(米村創)

 

民具マンスリー 54巻4号〈2021.7〉

座談会 日常へのまなざし
 —トイレを語る—(『民具マンスリー』編集室)
【民具短信】
忘れ去られた民間信仰の再発見(松下朋生)