ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

本研究所の活動は、1921年、渋沢敬三の創設による“アチックミューゼアムソサエティ”から開始されました。民具や古文書の収集・分類・整理、漁業史など、日本常民社会の多様な領域を対象とし、現地調査を踏まえた研究と分析を進めています。
これは昭和10年代アチックミューゼアムにおいて、民具採訪の礼品として作成された手拭いの図柄である。(図案/藤木喜久麿)

所蔵資料・図書検索

トピックス

  • すべて
  • 調査・研究会
2022年1月18日
その他 英語版「要覧 日本常民文化研究所 創立100周年記念号」2021-2023 を公開しました。
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Commemorative Issue for the Centennial 2021-2023
2022年1月14日
研究会 研究会
第129回研究会「女捕(めとり)」について 久留島典子氏 2022年2月16日(水)オンライン開催のお知らせ
2022年1月12日
講座 第25回常民文化研究講座 民具を語る10(動画配信第5回)「会津鋸」Ⅱ 内山大介氏 樫村賢二氏 動画公開
2022年1月11日
講座 第25回常民文化研究講座 民具を語る9(動画配信第4回)「会津鋸」Ⅰ 民俗学・民具との出会い 内山大介氏 樫村賢二氏 動画公開
2022年1月11日
⺠具マンスリー 民具マンスリー1月号 2022年1月10日刊行です
2021年12月21日
その他 日本常民文化研究所 冬季休暇期間 2021年12月28日(火)~2022年1月6日(木)閉室のお知らせ 
2021年12月20日
共同研究 "日常茶飯"—日本人は何を食べてきたか—
第2回研究会・公開講演会「お茶のある暮らし」中村羊一郎氏(終了報告/2021年12月10日)
2021年12月15日
講座 【期間限定YouTubeアーカイブ配信開始】第25回常民文化研究講座「渋沢敬三と日本の近代-越境し総合する知の100年」(2021年12月4日開催)2021年12月28日(火)18:00まで
2021年12月10日
⺠具マンスリー 【新刊】民具マンスリー12月号 2021年12月10日刊行です
2021年12月7日
その他 国際常民文化研究機構 共同研究(一般)「台湾の「海女(ハイルー)」に関する民族誌的研究—東アジア・環太平洋地域の海女研究構築を目指して—」第10回共同研究フォーラム「台湾の「海女(ハイルー)」に関する民族誌的研究」2022年1月29日(土)オンライン開催のお知らせ
2022年1月14日
研究会 研究会
第129回研究会「女捕(めとり)」について 久留島典子氏 2022年2月16日(水)オンライン開催のお知らせ
2021年12月20日
共同研究 "日常茶飯"—日本人は何を食べてきたか—
第2回研究会・公開講演会「お茶のある暮らし」中村羊一郎氏(終了報告/2021年12月10日)
2021年11月17日
共同研究 "日常茶飯"—日本人は何を食べてきたか—
第2回研究会・公開講演会「お茶のある暮らし」中村羊一郎氏 2021年12月10日(金)オンライン開催のお知らせ
2021年10月26日
共同研究 便所の歴史・民俗に関する総合的研究
第8回 公開研究会「1930年代の男鹿寒風山麓における畑作農民の人糞尿利用に関する生態人類学的再発見:アチック学派の社会的事実」(全京秀氏)2021年11月12日(金)オンライン開催のお知らせ(終了)
2021年10月22日
共同研究 "日常茶飯"—日本人は何を食べてきたか—
第1回 公開研究会「現代社会の中のモチ文化」(2021年7月28日/終了報告)
2021年9月14日
共同研究 ポルト南蛮屏風の総合的研究による新領域の開拓
「エヴォラ・ポルト屏風文書研究会」第1回公開研究会 2021年9月18日(土)オンライン開催のお知らせ
2021年8月17日
研究会 研究会
第128回研究会「臨時の仮屋から常設の小屋へ—山形県小国町大宮のコヤバから—」板橋春夫氏 2021年9月15日(水) オンライン開催のお知らせ
2021年7月30日
共同研究 便所の歴史・民俗に関する総合的研究
第7回 公開研究会「農書にみる便所の構築と民俗—『会津農書』を中心に—」(佐々木長生氏)2021年8月28日(土)オンライン開催のお知らせ(終了)
2021年7月27日
研究会 研究会
第126回研究会「渋沢栄一と明治神宮—内苑との隔たり、外苑への思い—」(平山昇氏) 終了報告
2021年7月12日
共同研究 ポルト南蛮屏風の総合的研究による新領域の開拓
「研究目的」TOPページを公開しました