ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

研究所紹介

研究所紹介


「口之島の海岸と刳船の漁船」
鹿児島県鹿児島郡十島村口之島
昭和9年5月15日撮影
目録番号 ア-9-102

 日本常民文化研究所は、日本民衆の生活・文化・歴史を多様な領域において調査・研究する、神奈川大学付属の学際的研究機関です。
 1921年に経済人・渋沢敬三が創設したアチック・ミューゼアムを前身として、漁業制度史・民具研究を中心とした活動は戦前・戦後の日本常民文化研究所を経て神奈川大学附置にいたるまで、約90年にも及びます。渋沢敬三の「ハーモニアスデヴェロープメント」の精神を受け継ぎ、開かれた研究所として学内外の研究者にも研究交流の機会を提供すると同時に、これらの諸分野に関わる教育活動もおこなっています。

  • 日本常民文化研究所とは

    日本常民文化研究所とは

    本研究所はアチックミューゼアムソサエティを発端に、日本民衆の生活・文化・歴史の調査分析を進めています。

    詳細を見る

  • 渋沢敬三とアチック・ミューゼアム

    渋沢敬三とアチック・ミューゼアム

    渋沢敬三は、アチック・ミューゼアムを創設。ハーモニアスデヴェロープメントの精神は現在も受け継がれています。

    詳細を見る

  • 沿革

    沿革

    1921年に創られたアチックミューゼアムソサエティから始まる日本常民文化研究所の沿革を紹介しています。

    詳細を見る

  • 他機関との連携

    他機関との連携

    本研究所は、さまざまな地域・分野の諸機関と連携した調査研究や、海外の学術機関との学術交流をおこなっています。

    詳細を見る

  • 組織

    組織

    本研究所を構成する組織や、所員の研究実績、客員研究員、特別研究員などを紹介しています。

    詳細を見る

  • メディア掲載情報

    メディア掲載情報

    日本常民文化研究所の研究活動や所蔵資料が、新聞やテレビなどに掲載・放送された情報です。

    詳細を見る