ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

研究所紹介

沿革


アチック・ミューゼアムで民具を付けた同人。
後列左から4番目が渋沢敬三。1933年

 現在、神奈川大学に付属する日本常民文化研究所の前身であるアチックミューゼアムソサエティは1921 年の創立。渋沢栄一の孫の敬三が、学友達と自邸の一角に開設した、文字どおり屋根裏部屋の小さな博物館でした。以後、アチックは、民具・民俗研究、水産史研究に活動の幅を広げ、諸地域の総合的調査に本領を発揮しました。また、資料・記録・索引等の編纂・刊行にも努めていきます。戦時下に「日本常民文化研究所」へと改称され、戦後、財団法人として再出発した後には、特に水産資料の収集・整備に力を注ぎ、また『民具マンスリー』刊行を軸とした民具研究の情報センターとしての機能も果たすようになっていきました。1982 年に神奈川大学の付属研究所となって以降も、アチック以来受け継いできた資料群と調査・研究方法等をもとに、新たな調査領域を開拓しつつ、海を中心にした日本の歴史・民俗・文化の研究に貴重な成果をあげて今日に至っています。

1921 大正10年

渋沢敬三が、友人たちとともにアチックミューゼアムソサエティをつくり、自邸の物置に生物の標本、郷土玩具等の民具を集め、標本室とした。
(写真:アチック・ミューゼアムで作成された収集資料の原簿「おもちゃ箱原簿」)

1925 大正14年 アチック復興第1 回例会を開き、名をアチック・ミューゼアム(屋根裏博物館)とする。
1935 昭和10年頃 研究所の形も整い、第一部会(毎週土曜日の研究会)、第二部会(民具研究会)、漁業史研究室、内浦史料編纂等が軌道にのった。
1936 昭和11年

保谷に民族学協会附属博物館開設を建議。アチック蒐集民具挙げて寄贈。
(写真:1939年に東京・保谷に開館した日本常民族学会付属博物館)

1942 昭和17年 アチック・ミューゼアムを日本常民文化研究所と改称。
1949 昭和24年 水産庁より水産資料の調査保存の委託があり、東京月島の東海区水産研究所におかれた分室(月島分室)にて、漁業資料の調査・蒐集・目録作成・筆写などがすすめられた。
1950 昭和25年

財団法人日本常民文化研究所となる。
(写真:財団法人日本常民文化研究所・月島分室での史料整理。1952年頃か)

1955 昭和30年 月島分室閉鎖。
1963 昭和38年 10 月、渋沢死去。
1964 昭和39年 角川書店から『日本絵巻物全集』の付録として『絵巻物による日本常民生活絵引』(全五巻)が順次出版される。
1968 昭和43年 『民具マンスリー』創刊。
1972 昭和47年 東京三田、二の橋のマンションに移る。
1980 昭和55年 神奈川大学内に日本常民文化研究所招致検討委員会が発足。
1981 昭和56年 神奈川大学内に招致委員会設置、7 月神奈川大学日本常民文化研究所設立。
1982 昭和57年 3 月31 日、財団法人日本常民文化研究所は解散。愛媛県二神家などの史料調査を開始。
1984 昭和59年 石川県輪島市時国家等の調査を開始。
1986 昭和61年 『歴史と民俗』(神奈川大学日本常民文化研究所論集)創刊。
1992 平成4 年 本研究所を母体とする大学院歴史民俗資料学研究科の開設認可。
2003 平成15年 本研究所等を基礎とした「人類文化研究のための非文字資料の体系化」が21 世紀COE プログラムに採択される。
2008 平成20年 COE プログラムの成果を継承し発展させるために非文字資料研究センターが付置される。共同研究「瀬戸内海の歴史民俗研究」開始。
2009 平成21年 本研究所を基盤とした共同利用・共同研究拠点として「国際常民文化研究機構」が発足する。
2011 平成23年 東日本大震災で被災した気仙沼大島漁業協同組合資料の搬出保全を本研究所と大学院歴史民俗資料学研究科と合同で実施。
2013 平成25年

3月、3号館に新設された神奈川大学展示ホールに神奈川大学日本常民文化研究所展示室を開室。常設展と第1回企画展「近藤友一郎 和船模型の世界」開催。
(写真:企画展「近藤友一郎 和船模型の世界」)

2015 平成27年 共同研究「海域・海村の景観史に関する総合的研究」開始。
2016 平成28年 共同研究「日本常民文化研究所所蔵資料からみるフィールド・サイエンスの史的展開」、「二神家・二神島の歴史・民俗研究」、「大山崎離宮八幡宮社家・藤井家文書の研究」開始