ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

刊行物

歴史と民俗(神奈川大学日本常民文化研究所論集)

最新刊

歴史と民俗33〈2017.2.22〉[特集 「漁場図」を読む]

神奈川大学日本常民文化研究所論集33

神奈川大学日本常民文化研究所編 発行/平凡社 

 特集「「漁場図」を読む」は、2015年度に開催された第19回常民文化研究講座の報告を中心とした、8つの論考と概要説明を付す構成となっています。また、特集に加えて客員研究員による一般論考も掲載しています。

[目次]
【特集<<「漁場図」を読む>>】
【解題】特集「「漁場図」を読む」を編むにあたって(安室知)
近世の「漁場絵図」から近代の「漁場図」へ—島根県出雲国中海の『赤貝活かし』場利用を事例に(伊藤康宏)
『近江水産図譜』を読む—琵琶湖漁撈の構図(橋本道範)
近世末期「旧薩藩沿海漁場図」の構図と記載事項(橋村修)
「漁場」図をめぐる漁民と行政の認識の齟齬—新潟県中頸城郡における明治初期海面借区関係絵図をもとに(横山貴史)
韓国の漁撈民俗と漁場図—高興半島と済州島の比較(李恵燕)
四つの漁場図からみた地域社会についての分析—山形県飛島の事例から(新垣夢乃)
「稲田養鯉図」を読む—明治の博覧会と「佐久鯉」をめぐって(安室知)
なぜ「漁場図」は残ったか—神奈川大学日本常民文化研究所所蔵「漁業漁村関係影写絵図」について(越智信也・窪田涼子)
【一般論考】
戦前農村経済更生から現代農村再生へ—農村経済更生運動の歴史的教訓(森武麿)
民具と化した古文書—養生文書の調査実例(泉雅博)
米国の台湾占領に関する研究と政策の変化及びその影響について(蘇瑤崇)

本誌の紹介

概要

 1986 年に創刊した、本研究所が特集を組み編集する論集であり、論文や資料紹介、常民文化研究講座や公開シンポジウムの報告等を掲載しています。原則年1回の発行で、25 号(2009年)から31号(2015年)までは「特集」「常民文化研究講座報告」「一般論考」という三本柱の構成により「ことばの力」、「騙り—不幸なる芸術」、「渋沢敬三没後50 年」、「天皇、王の葬儀」などのテーマで特集を組んできました。32号(2016年)からはこれまでの特集を継承しつつ、常民文化研究講座の報告と連動してひとつの特集テーマに集中し、また、外部研究者からの多角的な論考も組み込むという本研究所の研究と社会との接点を探る新企画を実施。33号(2017年)では、特集を拡大・充実し、一般論考との二本柱として構成をリニューアルしています。一般論考は、所員・研究員及び本研究所の共同研究への参加・協力者の寄稿となっています。

バックナンバー

1号からのバックナンバーの詳細は下記のリンクよりご覧ください。

入手方法

ご購入については平凡社までお問い合わせください。

ご批評、ご意見・感想は下記までお寄せください。

[宛先]E-mail jomin-kankobutu@kanagawa-u.ac.jp
〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1 神奈川大学日本常民文化研究所
『歴史と民俗』編集部宛までお送りください。