ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

刊行物

歴史と民俗 既刊目次

歴史と民俗33〈2017.2.22〉[特集 「漁場図」を読む]

神奈川大学日本常民文化研究所論集33

神奈川大学日本常民文化研究所編 発行/平凡社 

 特集「「漁場図」を読む」は、2015年度に開催された第19回常民文化研究講座の報告を中心とした、8つの論考と概要説明を付す構成となっています。また、特集に加えて客員研究員による一般論考も掲載しています。

[目次]
【特集<<「漁場図」を読む>>】
【解題】特集「「漁場図」を読む」を編むにあたって(安室知)
近世の「漁場絵図」から近代の「漁場図」へ—島根県出雲国中海の『赤貝活かし』場利用を事例に(伊藤康宏)
『近江水産図譜』を読む—琵琶湖漁撈の構図(橋本道範)
近世末期「旧薩藩沿海漁場図」の構図と記載事項(橋村修)
「漁場」図をめぐる漁民と行政の認識の齟齬—新潟県中頸城郡における明治初期海面借区関係絵図をもとに(横山貴史)
韓国の漁撈民俗と漁場図—高興半島と済州島の比較(李恵燕)
四つの漁場図からみた地域社会についての分析—山形県飛島の事例から(新垣夢乃)
「稲田養鯉図」を読む—明治の博覧会と「佐久鯉」をめぐって(安室知)
なぜ「漁場図」は残ったか—神奈川大学日本常民文化研究所所蔵「漁業漁村関係影写絵図」について(越智信也・窪田涼子)
【一般論考】
戦前農村経済更生から現代農村再生へ—農村経済更生運動の歴史的教訓(森武麿)
民具と化した古文書—養生文書の調査実例(泉雅博)
米国の台湾占領に関する研究と政策の変化及びその影響について(蘇瑤崇)

 

歴史と民俗32〈2016.2.24〉[特集 和船]

神奈川大学日本常民文化研究所論集32


復元弁才船みちのく丸 
撮影/昆 政明

神奈川大学日本常民文化研究所編 発行/平凡社 

 特集「和船」は、2014年度に開催された第18回常民文化研究講座のテーマを核として、中心となった所員をはじめ、講座での発表者以外の研究者から寄稿された新たな論考も掲載しています。

[目次]
【特集<<和船>>】
【解題】和船—和船資料の保存と活用にむけて(小島孝夫)
『越中魚津猟業図絵』と船—図像資料にみる富山湾の和船(廣瀬直樹)
二枚水押船—淀川・大和川水系の主要川船(織野英史)
鶴見川の水運と和船(刈田均)
八丈島のフナダマサン—船の民俗学から(神野善治)
木造漁船雑感—実測を通して(須田充洋)
江戸前和船の動態保存—東京都江東区の例を参考に(小野寺幸市)
船絵馬に見る弁才船の帆走(昆政明)
【一般論考】
伊能嘉矩の台湾研究に関する方法論的再検討—<巡台日乗>(一八九七年)の精読を通して(全京秀)
「玄関」から見た明治以降の住宅の洋風化に関する一考察—戦前期刊行の建築系関連書籍を主資料として(内田青蔵)
駿河国駿東郡柳沢の赤野観音堂の建築について(津田良樹)
横浜市六角橋商店街仲見世通りの成立(津田良樹・杉江知樹・山家京子・鄭一止)

 

歴史と民俗31〈2015.2〉[特集 天皇、王の葬儀]

神奈川大学日本常民文化研究所論集31

【特集 天皇、王の葬儀】
「天皇、王の葬儀」を特集するにあたって—昭和天皇の葬儀はどのように行われたのか(中島三千男)
日本古代の火葬—文献史料から見た(稲田奈津子)
墓制史のなかの天皇墓(岩田重則)
明治天皇大喪と植民地朝鮮(金山浩)
王の死と葬儀の文化人類学—アフリカの事例を中心として
(阿久津昌三)
[第17回常民文化研究講座関連報告 渋沢敬三の民具研究]
解題 渋沢民具学の以前・以後(佐野賢治)
民具研究の萌芽—
文化文政期の民具研究(小島摩文)
拡張する渋沢敬三—低湿地文化論と基本民具論(大門哲)
手賀沼における「農漁村」—『増田実日記』に見る漁撈を中心として(秋山笑子)
アチック・ミューゼアムにおける出版と写真(羽毛田智幸)
渋沢敬三における民具観の変遷(小林光一郎)
[一般論考]出世する魚—ブリの成長段階名と現代社会(安室知)

 

歴史と民俗30〈2014.2〉[特集 渋沢敬三没後50年]

神奈川大学日本常民文化研究所論集30

解題 渋沢敬三・学問は人間関係の和(佐野賢治)
渋沢敬三の学問、思想と人格形成—前半生の研究—(由井常彦)
銀行家 渋沢敬三の横顔(武田晴人)
渋沢敬三における「もうひとつの民間学」(佐藤健二)
「漁業制度資料調査保存事業」と日本常民文化研究所(越智信也)
【大津波と集落—三陸の集落に承け継がれるもの—第16回常民文化研究講座】
解題 大津波と集落(重村力)
三陸沿岸津波被害と集落復興の歴史と課題(月舘敏栄)
どこまでが集落か—津波常習地の漁村集落にみる海の領域意識—
(植田今日子)
三陸大津波と漁村集落—山口弥一郎『津浪と村』を受け継ぐために(川島秀一)
集落から見た津波被災と復興の課題(重村力)
[一般論考]“間(はざま)”の民俗-養子制度から沖縄の門中を再検討する(小熊誠)
[資料紹介][ビン]劇台本『陳靖姑』翻訳之二(廣田律子)
イギリス船ベナレス号の遭難事件に見る 一八七二-七三の琉球・奄美-英文史料の紹介(新居洋子・渡辺美季)
山口啓二先生を偲んで(山口徹)

 

歴史と民俗29〈2013.3〉「特集 漁業の歴史と民俗」

神奈川大学日本常民文化研究所論集29

特集「漁業の歴史と民俗」の紹介と見解(田島佳也)
安芸灘のボラ地曳網漁(川島秀一)
海を越える太地の一世紀(櫻井敬人)
近世瀬戸内「浦」社会の諸相(山本秀夫)
近世琵琶湖の漁業と漁村—堅田漁師を事例に(鎌谷かおる)
【オーラルヒストリーの可能性—歴史学と民俗学との対話—第15回常民文化研究講座】
「オーラルヒストリーの可能性—歴史学と民俗学との対話」のねらい(森武麿)
沖縄戦と米軍占領のオーラルヒストリー—証言をどう読み取るか
(石原昌家)
復帰と反復帰・覚え書—川満信一と『発想』の位置(安田常雄)
綱引き行事の消滅と復活からみた歴史と民俗—沖縄県宜野湾市の事例から(小熊誠)
コンタクト・ゾーンとしての占領地沖縄(泉水英計)
[一般論考]海辺の家に伝わった書籍群—気仙沼大島村上家旧蔵書籍群について(橘川俊忠)
[資料紹介][ビン]劇台本『陳靖姑』翻訳之一(廣田律子)
駿河伊達氏の末裔「津山松平家臣伊達家文書」の考察(鈴木江津子)

 

歴史と民俗28〈2012.3〉「特集 騙り-不幸なる芸術」

神奈川大学日本常民文化研究所論集28

解題「不幸なる研究」の新たな騙り(小馬徹)
致富と狡智(山本幸司)
「まさなうも敵にうしろをみせさせ給ふものかな」—詐術としての熊谷直実の言葉(鈴木彰)
“ウソ”の現実・事実・真実—柳田國男『不幸なる芸術』を読む
(佐野賢治)
タンザニア都市零細商人の瀬戸際の狡知—ウソと時間をめぐる一考察(小川さやか)
【遠野から日本・アジア・世界へ—第14回常民文化研究講座】
解題「第14回常民文化研究講座」全体報告(小熊誠)
世界民俗学構想と『遠野物語』(福田アジオ)
遊離する魂と招魂—『遠野物語』オマク話からヤオ族の治病儀礼へ(廣田律子)
民家?—柳田の民家・中国の民居(津田良樹)
北の河童・南の河童とその時代—脱河童民俗周圏論序説(小馬徹)
[一般論考]ジョージ・P・マードックと沖縄—米海軍作戦本部『民事手引』の再読から(泉水英計)
オシラサマと近世・近代の遠野—社会状況と進行形態(宮本直和)
近世の鍬鍛冶業と原料鉄の関係—棚倉領三ヶ村の鍛冶仲間の活動について(渡辺ともみ)
二つの「花祭」—アチック16ミリフォルム「花祭(綱町邸)」と「花祭(三河北設楽郡)」(小林光一郎)

 

歴史と民俗27〈2011.3〉「特集 歴史学と民俗学」

神奈川大学日本常民文化研究所論集27

解題(福田アジオ)
流行神と平安京の庶民たち—王朝民俗学の可能性(繁田信一)
池の名前—溜池をめぐる記憶と記録(安室知)
オーラルヒストリーと歴史学—満州移民を事例として(森武麿)
民俗学と歴史学—方法的反省(福田アジオ)
【第13回常民文化研究講座】
町をつくる、人をつくる—祭礼・年中行事そして町並み(西和夫)
沖縄の村落移動と風水—村落史の記憶と歴史的事実(小熊誠)
差異の可視化と相互行為—タイの農作業における集まりの場
(高城玲)
TV劇のケニア化とシェン語—ストリート言語による国民文学の新たな可能性(小馬徹)
伊豆の世間師—「飯作岩治郎生死記事」について(泉雅博)

 

歴史と民俗26〈2010.2〉「特集 歴史と民俗の語り方」

神奈川大学日本常民文化研究所論集26

解題(小馬徹)
極東の「フロンティア」—米国人歴史家が語る冷戦期の琉球と台湾(泉水英計)
無文字社会の「神話」と「歴史」再考—キプシギス人の歴史意識の政治学(小馬徹)
遠野の歴史と語り—宮家と大同家の起源(宮本直和)
中世料理伝書と口伝(越智信也)
【犂からみたアジアと日本—第12回常民文化研究講座】
講座のねらい(河野通明)
西アジアの牡牛二頭引き犂と農業の諸制度(後藤晃)
中国漢代画像石に見られる犂型の諸問題(渡部武)
中国朝鮮族の犂—犂の系統と使用方法を中心にして(須藤護)
朝鮮・在来犂の分布と歴史的展開(新納豊)
民具から見た日本への犂耕の伝来時期と伝来事情(河野通明)
近代における犂の普及について(香月洋一郎)
シンポジウムを終えて(河野通明)
[研究ノート] 気仙沼大島の漁業制度改革—大島村の調査と組合文書から(鈴木江津子)
[資料紹介] アチックミューゼアム日誌(6)昭和16年1月~6月

 

歴史と民俗25〈2009.2〉「特集 ことばの力—文字と音声との間にあるもの」

神奈川大学日本常民文化研究所論集25

読むこと、書くこと、話すこと—声から見た中世ヨーロッパ(岩波敦子)
祝詞と宣命における口誦性(山本幸司)
明治期の子どもたちと源頼光の物語(鈴木彰)
宣伝広告から「国民文学」へ—ケニアの新混成言語シェン語の力
(小馬徹)
究極の建築(西和夫)
海人のむらの民俗誌から(下)—宇久島・平調査ノート
(香月洋一郎)
網野善彦の資料学—第11回常民文化研究講座の報告(佐野賢治)

 

歴史と民俗24〈2008.1〉「特集 職人巻物—書承と口承の交錯」

神奈川大学日本常民文化研究所論集24

職人巻物研究事始—特集にあたって(佐野賢治)
奥会津の職人巻物—只見町・金山町を中心に(小松大介)
狩猟文書の伝播と信仰・儀礼の成立(永松敦)
「職人歌合」に見る職人の実像—『三十二番職人歌合』『七十一番職人歌合』を中心に(岩崎佳枝)
由来の物語から偽文書、職人巻物へ(久野俊彦)
日本番匠記系本の展開—福井県越前市小野谷の事例から(宮内貴久)
史料としての伝承巻物—「浮鯛抄」から「浮鯛系図」へ(越智信也)
小豆島に劇場があった—池田劇場の再現(西和夫)
下野国宇都宮氏の旧臣「玉生家文書」を読む(鈴木江津子)
[研究ノート]鬼神について(廣田律子)
[資料]澁澤敬三の奄美大島宇検・柳原家の訪問について—柳原米一さんに聞く(香月洋一郎編)
[資料紹介]アシナカ測定表(藤井裕之)
アチックミューゼアム日誌(5)昭和15年7月~12月