ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

調査と研究

共同研究 布の製作と利用に関する総合的研究

新着情報

調査地域

地域を特に定めないが、当面は日本国内を対象とする。

研究目的

 布は人の生活にとって欠くことのできないものである。用途にとってさまざまな材料から糸が紡がれ、布に織られてきた。本研究はさまざまな材質の糸が布となり、それがどのように利用されたかを総合的に研究する。利用の中心は衣類である。衣類に使用される布は時代や使用目的によって変化する。また、布の利用は衣類以外にも多岐にわたっており、使用目的によって必要とされる素材も変化する。本研究は素材による布の性質の違いが、その利用にどのような影響を与えたかを、総合的にとらえることを目的とする。


  • 会津民俗館の刺し子調査

  • 出羽の織座米澤民藝館の原始布

期待される成果

 各所員および各地の研究者の協力を得て調査研究を進める。データを統合的に整理し、他機関の研究者にも利用可能な文化資源として提供するとともに、展示施設を利用した普及事業への展開が期待される。