ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

調査と研究

個別共同研究 歴史民俗資料とデジタルファブリケーションの可能性の研究

研究目的


擬似古文書版木の試作品

 2021年度には、本学「みなとみらいキャンパス」がオープンする。ファブラボ平塚(代表:経営学部 道用大介准教授)はその1階に移転し、あわせて理学部・工学部による体験教室、日本常民文化研究所・大学院歴史民俗資料学研究科・国際日本学部歴史民俗学科による体験教室や正課授業を行う、「ファブラボみなとみらい(仮称)」が新たに開設される予定である。
 本共同研究は、道用氏ならびにファブラボ平塚にご協力をいただき、歴史民俗資料の現物ないし実測図面からのレプリカ作成、実物資料の3Dデータ化などを、キャンパス内において自前で作成する方法を模索しようとするものである。最先端のモノづくりを追究する道用氏のファブラボと、伝統的なモノを資料とする当研究所が、分野を越えて連携することによって、「ファブラボみなとみらい」のソーシャルコモンズとしての機能は、よりいっそう意義のあるものとなるに違いない。