ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター「神奈川大学日本常民文化研究所による古文書講読講座」2018年度受講生募集のお知らせ

神奈川大学日本常民文化研究所による古文書講読講座
(前期10回・後期10回/全20回)

自ら読み解く力を身につけ、古文書の伝える歴史の世界を味わう


伊予二神家文書(常民文化研究所所蔵)

 日本は世界有数の「古文書大国」です。とくに江戸時代の古文書は膨大で、武士の支配、庶民の暮らし、文化・信仰など、いろいろなことを伝えています。「くずし字」が読めれば、ご先祖さまの声を聴くことができるかもしれません。
 講座のテキストには、地域に存在する身近な江戸時代の古文書のほか、希少で目にふれる機会が少ない鎌倉・室町時代の古文書も取り上げます。一緒に「くずし字」にチャレンジしてみましょう。

講座概要

日時:2018年5月18日(金)~12月14日(金)毎週金曜 18:00~19:30 
 (前期10回・後期10回/全20回)
会場:神奈川大学横浜キャンパス3号館3階 3-303・304
受講料:一般の方48,000円(前期または後期のみの受講も可能。その場合は25,000円) 
神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生45,000円
申込期間:2018年3月1日(木) ~ 2018年4月26日(木)
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。

POINT

◇神奈川大学日本常民文化研究所による授業は、質問しやすい少人数制
◇講師はひとり一人のレベルを把握し、きめ細やかな指導を実施
◇テキストは主に日本常民文化研究所の調査・研究関連資料なので研究にふれられます
◇そのほか、関連地図や歴史地名情報、図録など読解に役立つさまざまな資料をご用意

特色


受講者によって翻刻された常陸国永長栄三郎家
文書目録・史料集

神大古文書研究

・基礎コース・応用コース
 希望を考慮し、レベルに合わせたコース編成なので初心者の方も安心です。ベテラン講師陣による懇切な指導で解読力アップ。
・古文書研究会
 古文書研究会とは毎週水曜(14:40~16:10)開講の講師・石井日出男先生特別クラス(京都の天王山の麓に所在する勅願寺院の古記録などを講読)。基礎コース受講者は無料で自由に参加できるので、さらに力をつけられます。その後、応用コースに参加する方も多数。
・史料翻刻事業
 応用コース受講者でご希望の方には日本常民文化研究所による史料翻刻事業にご協力をお願いします。刊行した史料集には参加者名を掲載。習得した解読力を発揮できます。
・『神大古文書研究』
 神奈川大学より年1冊発行の研究誌『神大古文書研究』(最新刊は第5号)に、受講者は論文・史料紹介・歴史コラムなどを発表できます。研究成果を活字にしましょう。

講師紹介

石井 日出男 神奈川大学経営学部講師(専門分野:文書学、経済史、日本近世・近代史)
関口 博巨  神奈川大学外国語学部准教授(専門分野:日本近世史)
越智 信也  神奈川大学日本常民文化研究所職員(専門分野:日本中世史)
川鍋 定男  神奈川大学外国語学部講師(専門分野:近世農村史)
鈴木 江津子 神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員(専門分野:日本中世史)
田上 繁   神奈川大学名誉教授(専門分野:日本近世経済史)
 

■資料請求・お問合せ

神奈川大学 生涯学習・エクステンション講座係
KUポートスクエア TEL:045-682-5553 FAX:045-682-5554
広報事業課 TEL:045-481-5661(大学代表)