ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター 日本常民文化研究所主催 常民研100 周年記念講座 2021年度【ライブ配信(録画有)】受講生募集のお知らせ

渋沢敬三—越境し総合する知性
2021年度「渋沢栄一と渋沢敬三—近代日本をつくった二人の足跡と未来への遺産」(前期)


  • 旧渋沢邸の外観

  • 客間・暖炉部分

渋沢敬三

 各種の銀行や会社の設立・経営にたずさわり、「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一。その渋沢栄一の孫の敬三は日本銀行総裁や大蔵大臣、各種の会社の重役をつとめた財界人でしたが、他方で歴史や民俗の研究に取り組む学者でもありました。渋沢敬三が自邸内につくった日本常民文化研究所を、神奈川大学は1982年に招致して付属施設とします。さらに今日では、学部や大学院の教育を行うまで発展しました。
 日本の経済のみならず、学問や文化にも大きな足跡を残した渋沢栄一と渋沢敬三が現代に問いかけるものは何でしょうか。二人の軌跡から考えます。

講座概要

講座番号:21A1602100
日時:2021年5月22日(土)~2021年6月5日(土)毎週土曜 13:00~14:30(前期:3回)
会場:オンライン
※本講座は「ライブ配信」としてビデオ会議ツール「Zoom」を使用しリアルタイムで授業を配信します。
※講座は録画し、翌営業日12:00頃にオンデマンド動画配信します。
※配信された動画は最終講座から1週間後に視聴できなくなります。
※ご受講にあたり所定のシステム環境が必要です。各自、環境の準備と確認をお願いします。
→ 詳細はこちら

受講料:一般の方6,000円
神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生 5,500円
※受講者区分が一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割引きます。

申込期間:2021年3月1日(月) ~ 2021年5月8日(土)
※FAX・電話申込みは2021年4月1日(木)開始
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
※開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。

講座日程


   
開講月日
      
内 容
第1回 2021年
5月22日(土)
夢と現実—なぜ今、渋沢敬三なのか【丸山泰明】
「岩戸開きの手力男命となって文化日本誕生の産婆役になりたい」と自らの夢を語った敬三。さまざまな夢を抱きその実現に邁進した栄一の存在を踏まえながら、敬三の思想と活動の現代的意義を考える。
第2回 2021年
5月29日(土)
祖父と孫【井上 潤】
敬三は祖父の栄一をどのように捉えていたのか。そして栄一は孫の敬三をどのように見ていたのか。幕末に成長し近代になって形成した渋沢家を、祖父と孫の間柄に着目して考える。
第3回 2021年
6月 5日(土)
都市と建築【内田青蔵】
金融街としての兜町や、閑静な住宅街である田園調布を作った栄一は、自邸の建築にも強いこだわりを持った人物でもあった。この栄一の残した住まいを受け継いだ敬三は、大改造し、自邸として生活を行っていた。その住まいと生活はいったいどのようなものであったのだろうか。明治・大正・昭和、そして平成から令和へと受け継がれてきた住まいの歴史から敬三の思いを探る。

講師紹介

丸山 泰明
神奈川大学国際日本学部准教授
1975年生まれ。神奈川大学国際日本学部歴史民俗学科准教授。博士(文学)。神奈川大学日本常民文化研究所所員。専門は民俗学。主な著書に、『凍える帝国 八甲田山雪中行軍遭難事件の民俗誌』(青弓社)、『渋沢敬三と今和次郎 博物館的想像力の近代』(青弓社)、『モノと図像から探る怪異・妖怪の東西』(天理大学考古学・民俗学研究室編、勉誠出版)ほか。

井上 潤
渋沢史料館館長
1959年生まれ。公益財団法人渋沢栄一記念財団 渋沢史料館館長。1984年に渋沢史料館学芸員、2004年渋沢史料館館長となる。企業史料協議会監事、(公財)北区文化振興財団評議員等を務める。主な著書に、『渋沢栄一 近代日本社会の創造者』(山川出版社)、『渋沢栄一伝 道理に欠けず、正義に外れず』(ミネルヴァ書房)、また『平和を生きる日米人形交流 : 渋沢栄一とシドニー・ギューリックの親交からキッズゲルニカへ』、『渋沢栄一と「フィランソロピー」(全八巻)』等を編著。また2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の時代考証をつとめる。

内田 青蔵
神奈川大学工学部教授
1953年生まれ。神奈川大学工学部建築学科教授、工学博士。神奈川大学日本常民文化研究所所員。専門は近代建築史と近代住宅史。主な著書に『日本の近代住宅』(鹿島出版会)、『あめりか屋商品住宅』(住まいの図書館出版局)、『お屋敷拝見』『消えたモダン東京』(河出書房新社)、『「間取り」で楽しむ住宅読本』(光文社新書)、『同潤会に学べ 住まいの思想とそのデザイン』(王国社)など多数。2004年日本生活学会今和次郎賞、2012年日本生活文化史学会賞、2017年日本建築学会賞(論文)受賞。

※講師については都合により変更する場合があります

詳細・受講申込みはこちら

■お問合せ

神奈川大学 生涯学習・エクステンション講座係
 E-mail:info@ku-portsquare.jp
[KUポートスクエア]TEL:045-682-5553 FAX:045-682-5554
 取扱時間:月~金10:00~21:00、土・日10:00~18:00 
 (祝日・大学所定の休日を除く)
 〒220-8739 横浜市西区みなとみらい4-5-3 (みなとみらいキャンパス内 2F)
[神奈川大学広報事業課]TEL:045-481-5661(大学代表) FAX:045-481-9300
 取扱時間:月~土8:30~16:30 (日曜・祝日・大学所定の休日を除く)
 〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1 神奈川大学横浜キャンパス