ATTIC MUSIUM

神奈川大学
日本常民文化研究所
Institute for the Study of Japanese Folk Culture Kanagawa University

調査と研究

基幹共同研究「常民生活誌に関する総合的研究」—布の製作と利用に関する総合的研究—

会津民俗館が収集した北日本の仕事着を中心とした衣生活資料の調査

日程:2020年8月12日(月)
調査者:昆政明、安室知
調査先:会津民俗館


会津民俗館展示室

 会津民俗館は衣生活資料に関しては県指定重要有形民俗文化財「会津の仕事着コレクション」を所蔵展示している。それとともに、福島県以外の北海道を含む北日本地域の仕事着を中心とした衣生活関連資料も多く収集しており、それらは現在福島県立博物館に寄託されている。次年度に横浜市歴史博物館と共同開催を予定の企画展に際し、これらの一部を借用展示する予定であるが、収集の経緯や資料の特徴について、当時これらの資料の整理を担当した佐々木長生氏および現館長渡部認(みとむ)氏よりお話を拝聴した。あわせて、館内に展示されている資料から関連資料の解説をうけ、一部資料の写真撮影をおこなった。

(文責:昆政明)